「とりあえずカロリーをとれば大きくなれますよね?」

こんにちは!

あなたのかかりつけ栄養士の佐藤彩香です。

この前、ある野球少年に聞かれたこの質問。

「とりあえずカロリーをとれば大きくなれるんですよね?」

よくよく話を聞いてみると、

「とりあえずカロリーの高いものから選んで食べろ、そうすれば身体は大きくなるから」

というアドバイスを受けて、

朝からカロリーの高い菓子パンを食べて、

昼は揚げ物や丼もの

夜も昼の延長で、夜食も欠かさない。

ひたすら高カロリーのものを食べているということでした。

「ちなみに身体はどうなの?」

そう尋ねると、

「確かに体重は増えました。でもなんか疲れが抜けないんです。重くて。食欲もだんだん減ってきてしまった。食べてる割には、便通もあんまり良くないんですよね。」

とのこと。

 

やっぱりそうなるよね。

確かに、カロリーは一指標としてみることはありますが、それがすべてではありません。

また闇雲にカロリーだけをとれって、それはどこに基準を合わせて?たくさんってどのくらい?

もうアバウトすぎて、素直な選手が可哀そうです。

確かに指導者の言うことをうのみにする選手もどうなんだ、自分で情報をつかんでなんぼ。という考えもありますが、やっぱり学生スポーツで、指導者が絶対の世界もある中で、なかなかそこを疑うことはできにくいと思います。素直で一生懸命な学生たちに、こういった指導はすごく危険です。

身体を大きくするために、カロリーの高いものをひたすら食べまくる!

そうではなく、しっかり情報、知識を掴んでいてほしいです。

ではどのように考えていけばいい?

そうはいっても、カロリーがまったく関係しないというわけではありません。

体重の増減は摂取エネルギーと消費エネルギーのバランスも大切で、増量するためには消費エネルギーよりも多くの摂取エネルギーをとらなければ、体重、そして筋力アップも難しいです。

オーストラリア国立スポーツ研究所(AIS)は、効果的な増量のためには1日あたり少なくとも500~1,000kcal分のエネルギーを多くとる必要があるとしています。

ポイントとなるのは、炭水化物(糖質)とタンパク質

国際オリンピック委員会(IOC)のスポーツ栄養コンセンサスでは、筋肉をつけるためには適切なエネルギー量を摂取する必要があり、そのために炭水化物(糖質)やたんぱく質を豊富に含む食品を摂取することを推奨しています。

炭水化物(糖質)は、米・パン・麺・芋・果物などです。

タンパク質は、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品などです。

これらをしっかりとり続けていくことが大事です。とにかく炭水化物を!とにかく油を!とにかくカロリーを!という方も多いのですが、コンディションをあげていくには、タンパク質の重要性と、適切な量を考えなければなりませんね。

具体的にまず取り組んでほしいことは、

・三食にこだわらず、補食をとりながらこまめに食べていくこと。

・タンパク質の意識をあげること(体重×1.5~2g)増量であれば2を目指したほうが個人的にはいいかと思います。

・揚げ物ばっかり、タッパー飯のようにご飯ばっかり・・のように極端に何かに偏らない

 

まずここを振り返っていきましょう。

そして成長期の選手と関わる方には、選手は素直で、食事もこう言われたからと頑張る選手も多いです。

だからこそ言葉ひとつひとつが大事になることを私も含め、考えていきたいですね。