強くなりたいチームや選手へ。一度食事と向き合うきっかけを。

こんにちは。

あなたのかかりつけ栄養士の佐藤彩香です。

現在、様々なチームに講師として呼んで頂ける日々が続いてます。

その中で、伝える内容、伝え方がよい!というメッセージを多く頂き、感謝でしかありません。

せっかくなので、アンケート結果を共有させていただきます。

参加して頂いた方(この1年間で1000名以上)のデータが溜まりましたが、嬉しい評価を頂いております。

栄養士だからこそ【伝える】ということを学んできてよかったと思っていますし、こうやって評価して頂き感謝しかありません。

毎週様々なチームに関わっているとチームのカラーがあって、そこに対応しながら話していく難しさを感じています。だからこそ、栄養学だけでなく、伝え方を学び続けていかないとと毎週痛感します。

食事って長期に渡って取り組むことで、どれだけ習慣化に落ち仕込めるかが大事です。

その大切さを2時間の中で伝えるのって難しけど、1つでも今より自分の身体のための選択ができる選手が増えてくれると嬉しいです。

感想をいくつか紹介。

【今までの無意識さを痛感した。ここまでやってきたのだから結果を出したいので、取り組みを見直します。伸びしろしかないと言われてもっと強くなれると思えました。】

【どんな物をどれだけ食べれば良いのかよく分かりました。素晴らしい講義内容でした。ありがとうございました。 『選択するのは全て自分』という言葉がどんと響きました。】

【セミナーに参加後の夕食で、子供自身が白米の量を考えながら食べていました。 今までの量では足りていないと自分で気がついたんだと思います。 何の為に食べるのか、誰の為に食べるのかの意味を認識したんだと思います。 15歳にもなると、親が子供の食事に関わる機会が減ってきます。 自分で何を選んで食べるのかを、コンビニ食で考えるのは身近な課題でとても良かったです。 有意義な時間になりました。】

【今まではテレビや雑誌等から得た断片的な知識を基に健康に良さそうと勝手に思い込んでいた食事をしていましたが、今日のお話しを聞き、具体的なポイントや量などが明確になりとても勉強になりました。今日教えて頂いたことを参考にして、具体的な根拠を持って食事のメニューや量のバランスを考えていけそうです。そうなんだぁ〜と目から鱗が落ちる内容が多くとても勉強になりました。】

【ぶっちゃけ2時間って長いよって思ってたけど、来てよかった。やります!!】

などなど嬉しい感想ばかりです。

最後の感想である

「ぶっちゃけ2時間って長いよって」っていうのは選手のほとんどが思っていることなのではないでしょうか。

ただこの選手はここから自分のスイッチが入ったのか、Twitterで私を見つけてくれて、情報を得続ける努力をしながら、今でも定期的連絡を取りながら、パフォーマンス向上に取り組んでいます。嬉しいですね~。

 

食事の話を聞いても行動しなければ意味がない!

実践を意識した時間にすることをお約束します。

 

今は、情報がたくさんあり、何が自分に合うのかわからない選手も多いです。

また、練習を頑張るあまり、食事や休息が疎かになっている選手も多いではないでしょうか。

ここのスイッチを少しでも押すだけでだいぶ身体は変わります。

現に身体が変わった選手も多くいますし、それがパフォーマンス向上へと繋がっていった選手も多いです。

そのきっかけとなる時間を作りませんか?

強くなりたい選手、チーム関係者の方。一度ご検討ください!

 

また、これまでセミナーの依頼をして頂いたチーム関係者の方、選手ありがとうございます。

長いチームだと8年。お世話になりっぱなしです。

これからもどんどん進化していく栄養学を、より実践的に、その年代や環境にあった方法で伝え続けていきたいと思います。